外反母趾

外反母趾は痛い時に曲がります。
その時早めの対応として足裏バランスを整えておく事で痛みも早く治まり、変形も進行させずに自分で防ぐことができます。痛くなった際「子どもが外反母趾になるわけがない」「うちの子どもは運動靴を履いているから大丈夫」などと放ってしまうと歳を重ねるごとに変形が進み、徐々に外反母趾が進んでしまいます。
また外反母趾と自覚があっても「曲がっているけど痛くない」と気に留めない方がほとんどですが、外反母趾は足だけの問題ではありません。
体の体重を支えバランスを取っているのが『足裏』です。足の指が変形することで足裏が不安定になり、必ずその不安定を上部で補います。その結果O脚や骨盤のゆがみ、猫背・側弯症などの悪い姿勢、首凝り・肩こり・ひざ痛、腰痛、頭痛、めまい、冷えなど様々な不調の隠れた原因となっていることが多いのです。

浮き指

浮き指とは、足の親指を甲側に押した際90度以上曲がったり、反ってしまい歩行時も足の指が浮いていて踏ん張って歩けない足のことです。
浮き指と外反母趾を含めると女性のおよそ80%男性、こどもがおよそ60%に足裏の異常があり、これに伴って原因のはっきりしない膝痛・腰痛・首の痛み・コリ、体の不調である自律神経失調状態・うつ状態が起こっているのです。 これに気づかないのは現代医学の落度なのです。
浮き指は外反母趾より多く、痛みや不調の隠れた原因になっています。

ご予約・お問い合わせ

↓↓↓

powered by crayon(クレヨン)